臨床心理士の活躍の場と働き方

臨床心理士の活躍の場は、学校、病院、医療の現場、幼稚園、企業内や福祉施設など様々です。 働き方も非常勤の掛け持ちが多く、ライフスタイルに合わせて自分で働き方を決めることが出来る仕事です。

メニュー

臨床心理士の活躍の場と働き方

臨床心理士,働き方

臨床心理士とは、心の問題を抱えた人に対し、様々な臨床心理的技法を用いて問題解決の為に、サポートするのが仕事です。 最近では、様々な分野で求められている仕事でもあります。 まず小学校、中学校の児童、生徒、保護者、先生の相談にのるスクールカウンセラーの仕事があります。 医療の現場では、精神的な病を抱えている人、病気や怪我などの人の精神的なケアもします。 福祉施設では、介護福祉士と連携しながら高齢者や障害者の精神面をケアします。 企業内では、過労や人間関係など心に悩みを抱えた方の相談に乗ります。 幼稚園や保育園では、子育ての悩みを抱えている方への相談にのります。 こちらは、女性が活躍する場になっています。 また受刑者の心理教育と心理療法にも携わっています。 このように、様々な分野で活躍する仕事であり、職場によって、勤務時間も違います。 クライアントに合わせて行動しなければならない仕事なので、相手の都合により勤務時間は大きく変わってきます。 勤務形態は、常勤のみ働いている方は少なく、常勤と非常勤を組み合わせたり、非常勤のみで掛け持ちしてる人も多くいます。 常勤の場合は週休2日が一般的ですが、非常勤の場合、いくつかの仕事を掛け持ちしているので、休日も自由に設定しやすくなっています。 臨床心理士の仕事は、短い時間で勤務し、就職先も様々な分野から自分で選ぶ事が出来る仕事です。 ですから、自分のライフスタイルにより働き方を選ぶ事が出来る仕事です。 スケジュールも融通が利きやすい職場が多いので、ライフスタイルに合わせた働き方をする事をおすすめします。 286

タイプ別の特徴によって対応を変えられる臨床心理士

臨床心理士,働き方

臨床心理士の仕事を行っていく時には、タイプ別の症状や性格の特徴ごとに対応していく必要があります。 精神疾患でも、病気ごとに出てくる症状は違ってきますので、どのような症状があるのかという知識も身に着けておく必要があります。 症状によって、かけてはいけない言葉もありますし、対応によっても症状が不安定になってしまうこともあり得ますので、正しい対応をとるためにも、タイプ別の特徴を把握しておきましょう。 また、性格の特徴によって対応を変えていくことで、相談者が自ら問題を克服できる土壌を作ることができます。 自信がないタイプの場合、叱咤激励を行っても問題を解決する自信をつけることはできませんので、まずは状況や病気に対して理解ある態度で臨んでいく必要があります。 逆に、自信がありすぎるタイプの場合には、現状を正しく判断できるように、ある程度はっきりとした態度を示す必要も出てくるのです。 臨床心理士は、病気や性格ごとに対応を変えていくことで、病気の症状も軽快させていくことができますので、正しい判断力を持っていることも大切になります。 心の問題を持っている方と向き合える臨床心理士になりたいと考えたときには、タイプ別の接し方についても把握しておくとよいでしょう。 287

更新履歴