全身脱毛の教科書~おすすめ全身脱毛の罠~

*

脱毛ワックスとは

自宅で手軽にできる脱毛方法の一つが脱毛ワックスです。ワックスを脱毛部位に密着させてから一気にはがして毛を抜き取ります。

脱毛ワックスの種類には油性と水性があります。

油性ワックスには固形ワックス、ハードワックス、オイルワックスなどがあります。松やになどをベースにしているので、アレルギーがある方は使用できません。ワックスを温めてから脱毛部位に塗り、固まったら一気にはがします。粘着力が強いため肌への負担が大きいです。ハードワックスや固形ワックスは2mm、オイルワックスは5mmほど毛が伸びていれば使用できます。

水性ワックスにははちみつや砂糖などを加えたものがあります。油性ワックスに比べると肌への負担が少ないです。水性ワックスを脱毛部位に塗り、ストリップシートという脱毛用のシートを張ってワックスをなじませます。ワックスが乾いたら毛の流れに逆らって一気にはがします。1cm程度の毛の長さがあると脱毛に効果的です。

油性も水性もワックスを一気にはがすので肌の負担があり、痛みが伴います。毛を無理に抜き取るため人によっては内出血や腫れを起こすことがあります。ワックス脱毛後の肌は非常にデリケートになっているので、刺激が少ない化粧水でケアしましょう。

 - 脱毛コラム